スペシャルオリンピックス日本・徳島

認定NPO法人
スペシャルオリンピックス日本・徳島


HOME > 知る > 代表挨拶

代表挨拶

理事長 田所 健作

2018年1月1日

ご 挨 拶
「Go For Challenge 〜勇気と元気〜」

特定非営利活動法人 スペシャルオリンピックス日本・徳島
理事長 田所 健作

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 昨年、私たちは設立20周年を迎え、たくさんの方々と共に盛大にお祝いすることができました。
振り返りますと、バドミントンプログラムが立ち上がるなど、それぞれのプログラムが活発になり、プログラムの成果の発表の場である競技会にも参加することも出来ました。他にも、恒例の阿波踊りにも他地区の仲閒と共に参加いたしましたし、幾人かのアスリートが和太鼓やハープ演奏に参加するなどスポーツ以外にも色々と取り組んでいます。
 これらの活動の成果は、アスリートの皆さんの頑張りとボランティア並びにファミリーのみなさまのご尽力の賜物であり、心より感謝と敬意を表します。
 また、たくさんの方々からSON・徳島の活動のためにと寄付金等による援助をいただいていることにも深く感謝いたします。今後とも変わらぬご支援のほどよろしくお願いいたします。

 現在私たちは、認定NPO法人格の取得を目指して、徳島県との交渉をすすめております。これが認められれば、組織としても更に発展していくとことが期待されます。プログラム活動におきましては、スペシャルオリンピックス国際本部やスペシャルオリンピックス日本でもその活動の強化を進めている「ユニファイドスポーツ」についても広げていきたいと考えています。
 また。新たな楽しみとチャレンジの場として、ヤングアスリートプログラム(YAP)の立ち上げを企画しているところです。 加えて、アスリートやボランティアの増員と活動場所の広がりを願って、昨年から県下の特別支援学校や福祉施設でスペシャルオリンピックスの説明会を実施しているところです。これらの施設を会場として、ボッチャのプログラムをスタートさせたいとも考えています。それぞれにつきまして、みなさまのご協力をお願いいたします。

 さあ、21年目のスタートです。これまでご尽力くださった皆様にあらためて御礼申し上げますとともに、今後のご支援も重ねてお願い申し上げます。
昨年に引き続き、下記の基本方針とともに、「Go For Challenge ~勇気と元気~」をテーマとして掲げさせていただきます。勇気と元気で SON・徳島を更に盛り上げていきましょう。
よろしくお願いします。

■■2018年度基本方針■■

1.感謝の気持ちを大切に皆様に愛される組織作りを目指します。
2.アスリート、ボランティアが気軽に参加できるよう明るく楽しいプログラムを提供します。
3.ユニファイドスポーツの展開とともにコーチングのスキルアップを目指します。
4.総合的な健康を願い、スポーツプログラムを基底に、文化的プログラムも展開していきます。
5.活動を行なうために必要な資金を持続的に得る体制の確立を目指します。
6.各種関係団体との連携を図り、より充実、信頼される活動を目指します。
7.誰もが安心して活動できる危機管理体制を構築します。

スケジュール|スペシャルオリンピックス日本・徳島

メーリングリスト|スペシャルオリンピックス日本・徳島

活動内容|スペシャルオリンピックス日本・徳島

ブログ|スペシャルオリンピックス日本・徳島

ホームページラボ
株式会社 加藤自動車相談所
matsumoto_logo.gif
ishihara_logo.gif

バナー広告募集!|スペシャルオリンピックス日本・徳島
バナー広告を随時募集しております。
>>お問い合わせはこちらから<<